FC2ブログ
      
以前 

あーるすリスト RSS



改訂しました~RSSって便利ですね(>_<)
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

レイキ修理

寒肥2019の被害者が出ました!!

レイキさん(8才) 頸部断裂!!!
レイキ修理 (1)
もう、本業は果たせない見込みです(T_T)


拡大致しますと、さらにそれは確定的に致命的(>_<)
レイキ修理 (2)
ご臨終マックスです。。。

「私失敗しないので」

キター!!
ドクターR's


オペを始めます。。。

「ドリル!」

「平ベタ刃」

シュイーン♪

レイキ修理 (3)
平ベタ刃が一番くり貫き易いです(^^)/


長尺の堅い木が無かったので、桜の枝で作りました(^_^;)
レイキ修理 (4)
曲がってるんですけど・・・・

時にはそれが良い味になるって!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

庭木 寒肥 2019

3年前から、
1月に庭木に寒肥(かんごえ)をやり始めました☆

というのも、僕のお師匠さんが、
「この庭は造った庭やさかい、2年に1回ぐらいは、
牛糞でええから、いれてやらんとあかんねや。」
と仰っていたそうです。
(社長からの伝え聞きです・・・)

そのお師匠さんも亡くなられて10年近くなりますが、
僕は一度も肥料をやった事がありませんでした・・・

師匠に託されて僕が管理している庭木は、
山土を入れて造成して造られたところなので、
大きな石がゴロゴロとしています(^_^;)

また擁壁がすぐ近くにあるし、
反対側の駐車場は、しっかりと転圧されていて、
木にとって根を伸ばしにくく、養分も少ない土壌です(>_<)

更に木が弱ってるせいなのか、
最近色んな病気にかかって、
なんか全体的に元気がないように感じていました(T_T)

そこで、3年前に一念発起をしまして、
コツコツと気になる木から順番に、
寒肥をやり始める事にしたわけです☆

1年目は移植ごて(小さいシャベル)で、
30㎝くらいの穴を何個か掘って、
鶏糞を入れていきました(15キロ70円で安いので)

2年目は金テコと移植ごてでやり始めて、
鶏糞と牛糞を入れて行ってると、
子供たちが様子を見に来て手伝ってくれるので、
ハンマードリルと剣スコップで大規模化を図りました(>_<)

また、母も出てきてくれて、石を取り出し、
土をふるいに掛ける作業もやりました☆

そして3年目の今年!!
最初から寒肥セットとして、
金テコ、剣スコップ、ハンマードリル、ブルーシート、
備中くわ、普通のくわ、移植ごて、てみ大・小、
牛糞、鶏糞、ボカシ肥料、落ち葉、堆肥、油かす、残飯・・・

とまあ、万全を期して作業開始!!!

①コケをはがしておく
寒肥2019 (4)
超重労働で余裕がなくて、こんな写真しかありませんが、
1回につきブルーシート2m×3m一枚分とか剥がしてますよ(^_^;)


②肥料や堆肥を入れる穴を掘る
寒肥2019 (1)
普通は深さ30㎝とかで良いんですが、今回は石を取り除く目的もあるので、
50㎝~60㎝くらい掘ったりもしてます(>_<)
30センチ角の穴や、木の回りぐるりの溝など色々です☆


③大きな石と、小さな石を分けて取り除き、
残った土をふるいに掛けます☆
寒肥2019 (2)
大きな石は廃棄で、小さな石は砕石の剥げたところにバラ撒きました(^o^)
(写真には大きな石は写ってませんが15㎝くらいの石がゴロゴロあります)


④ふるいに掛けて残った土に、肥料を混ぜ込みます☆
 てみ大に剣スコップ2杯の土と移植ごて2杯の肥料を混ぜ合わせ、
 混ざったら随時元の穴に戻していきました(^^)/
寒肥2019 (3)
写真は鶏糞ですが、牛糞や、野菜クズに米ぬかをかけたり、
ボカシ肥料を混ぜたり、色んなパターンを試しました☆
(石を取り除いた分の体積が減るので、結構大量に要りますよ)


⑤埋め戻しの最後にふるった土をかけ、仕上げにコケを戻していく☆
寒肥2019 (6)
最後にふるった土を乗せるのには理由がありまして、
ふるった土の上にコケを乗せて、踏み固めると、表面が割と平らになり、
コケが地面に密着して剥がれにくくなるからです(*^_^*)

コケが欲しいなと思うところがあれば、
剥がしたコケのかけらを集めて、ちぎって振りかけておけば
2,3年も経たないうちに広がっていきますよ(^_^)v


去年紫カビ病に強烈にやられた樫の木たち↓
寒肥2019 (7)
師匠の言葉を実行しなかった事の反省をふまえ、
木々が元の元気な姿に戻ってくれるように祈りながら、
この行程をひたすら繰り返しています☆

あー僕は何て愚かだったんだー

                                   1/8より施工

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

スコップ修理

先月、堆肥を作ってる場所で、
空気を入れるために切り返しをしてたら、
まさかまさかの非常事態です(^_^;)

これがその被害者です・・・
スコップ修理 (1)
様子が変じゃないですか??


そうなんです!!
スコップポッキリ逝っちゃったですよー(T_T)
スコップ修理 (2)
こりゃーご臨終だわ(-_-) チーン。。。。

という事で、この前に包丁を修理したので、
そのノリで、コイツも直してみたいと思います☆
なぜなら、
こちら『びんぼー木工房 「R's」 あーるす』ですから!!

まずは折れた柄と金属を外さないといけないので、
固定部分を見ますと・・・こんな感じです☆
柄を金属に合わせて削って、差し込んで、
上下と左右の負荷でゆるまないように、
リベットみたいなのでとめてあります(>_<)
スコップ修理 (3)
まあコレは、リベットの頭の部分をグラインダーで削り落とし、
反対側から釘の先っちょを切った物を当てて打ち込めばOK(^_^)v
簡単そうですが、以外に時間が掛かりましたけど・・・


リベット2本外せたら、柄を抜いていくんですが、
これが以外にしっかりと刺さってて抜けにくいんですよ(^_^;)
スコップ修理 (6)
色々考えたあげく、バールを当てて、金槌で叩き出しました☆
これ本当に堅くて、なかなかの強敵でした・・・


次に持ち手側ですが、
こちら側はまだまだしっかり使えそうなので、
柄は抜かず再利用しようと思います☆
スコップ修理 (7)
ただ、折れたところは腐っていたので、カット!!


次に差し込み部分の削り出しをしようと思います☆
スコップ修理 (8)
取り外した物を横に置いて、これと同じ形にします(^_^)v
これも思った以上に難しかったですけど・・・


問題は何を使って削っていくかですが、
片付けそびれてたナタがあったので使いました☆
スコップ修理 (9)
前に似たような事をした時は、
作業場にあるノミや切り出しナイフを使ってやって、
時間と手間が掛かりすぎて嫌になった記憶があった
ので、
このナタがあったという事が実に有り難かったです(T_T)


あとの微調整は小ガンナを使ってしました☆
スコップ修理 (10)
まあ、スコップはそんなに頻繁に使う物でもないので、
ある程度の形になればいいので、サッサとしました(^_^;)


最後のリベットで固定してあったところは、
前回の包丁修理と同じように、5mmボルトナットでとめまして・・・
スコップ修理 (12)
※5㎜の下穴を切ってから、8mmでザグリを入れれば
  ボルトとナットの頭が出っ張らないように出来ますよ(^^)/



ぎゅっと締めてから、飛び出たボルトを、
グラインダーでカット!!!
スコップ修理 (13)
こういう細かいところで僕の雑さが出るんです(T_T)


こうして20㎝ほど短いスコップとして、
第二のスコップ生を歩み出す事になりましたとさ(*^_^*)
めでたし めでたし♪
スコップ修理 (14)
ってか、実は!この短いスコップが欲しかったんです☆

この1月に庭木の寒肥(かんごえ)をやるんですが、
木の根元を掘り起こすのに、柄が長いと枝に引っかかって、
実にやりにくいんです(T_T)
だから今回の修理は大満足でした!!!

これぞまさに、
ピンチをチャンスに切り替える☆
節から芽が出たぞー!!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)