FC2ブログ
      
以前 

あーるすリスト RSS



改訂しました~RSSって便利ですね(>_<)
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

5m松 2018

超強烈な台風24号が来る前々日からやり始め、
前日は雨の中、カッパを着て、朝から昼過ぎまでかかって、
無理矢理剪定を敢行しました(>_<)

なぜなら、この強烈な台風が来れば、
根こそぎ倒れるんじゃないかな?と思ったので・・・

少しでも風の抵抗を減らすために頑張りましたが、
僕は風邪の影響で体調が優れません(T_T)


「剪定前」
もう、みどり詰みを続けて、芽が込みまくって、
ボーボーです(笑)
4m松 2018 (1)
なので、今回はぐっと芽数を減らして、
空間を作るのと、枝を伸ばそうと思います(^_^;)
(本当は徐々にやっていくのが良いんですが・・・)


「剪定後」
スッキリし過ぎました(-_-) 
4m松 2018 (2)
まあ、全体的にはバランスが取れてきたので、
来年、またみどり詰みを続けていけば、
少しずつ良くなるだろうと期待してます☆

体調絶不調ちぇけらっちょー(T_T)

                        (9/28-29剪定)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

太鼓バチ 修理

一対15000円もする太鼓のバチ。
高いのによく壊れて困ります。

なぜ、衝撃が一番加わる部分に金属が使われてるのか?
訳がわかりません。

金属が先端につくことで、重心が先端にいって、遠心力がついて叩きやすいけど、
その分衝撃が強くなるので、先端の負荷は大きくなります。

なのにバチ本体は柔らかい檜で出来てるので、
当然金属対檜になると、破損する確率は格段に高いと思います。

さらにアンカーボルトとM8鍋ネジは金属と金属なので、
カチッと締まっていても、太鼓を叩く衝撃を繰り返すと、次第に緩んで行きます。


硬いものは破損しにくいですが、衝撃を自身に吸収せず、振動をそのまま伝えます。

でから金属同士だと自身は形を変えず、相手に振動を伝え合うので、
ぶつかり合って、段々と隙間が空いて行くから緩みます。

実際にはアンカーボルトと鍋ネジが振動し始めて、
さらにアンカーボルトを差し込んでるバチの穴に伝わって、
穴が広がって、アンカーボルトがすっぽ抜けます。

木材は金属に比べ破損しやすいですが、
衝撃を自身に吸収し、振動を軽減します。

木材同士なら衝撃を吸収しあって、
緩みにくいと思いますが、
木でアンカーボルトを作る技術が僕にはありません。

なので、とりあえずアンカーボルトはそのままで、
M8鍋ネジを木で作りました。

が、残念ながら、この通りポッキリ。
細過ぎたみたいです。

しかし折れて気づいたのが、
無理に部品2つにしなくても良いということ。
全部一体型にすれば、バチ本体との接点も、
木と木になってゆるみにくいだろうと。

更にネジ部分が細くなるのは、どうしようもないので、
材料を硬い樫で作る事にしました。
(樫は剪定した樫の木の太い枝を乾かして置いてあるので)

ドリル旋盤で切り出します。



アップにするとこんな感じです💁🏻‍♂️


さらに加工

一番上の傘はフェルトの押さえ、
その下の少し太い所はフェルト一枚分弱を通す部分、
ネジ溝は目方で合わせて切出刀で切りました。


これをフェルトに通します。

後は差し込んで、ネジを締めて完了です。
緩むこともなく、良い感じで修理出来ました‼️


時間結構かかってるよー‼️

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

掃除機 カーボンブラシ交換

少し古い型の掃除機なんですが、
動かなくなって3年くらい放置・・・
この掃除機は僕には特別思い入れのあるもので、
「何とか修理して使えるようにしたい」
とずっと思っていました(>_<)

しかし何が原因か分かりません・・・
症状はスイッチを入れたら、しばらく動いて、
ゴミ捨てランプが光って止まるを繰り返し、
とうとう、電源さえも入らなくなりました(T_T)

仕組み自体はそんなに難しい物ではないので、
分解して、原因を特定しようと試みました(^o^)

予想①
「温度センサーの不良」
ゴミのランプが光るのは、
パックにゴミがいっぱいになって、
空気が外に出にくくなる事によって、
モーターに異常な負荷がかかり、
モーターの温度が上がりすぎると、
出火や火傷の原因になるので、
モーターの温度を感知して、
一定以上になると低回転にして、
温度上昇を抑える仕組みだから、
という考察をした時に、
その温度センサーの故障が考えられる。

予想②
「カーボンブラシの摩耗」
単純にカーボンブラシの摩耗で、
電気が起きないから始動しない。

予想③
「回路の故障」
ただ、しばらく普通に動いてたので考えにくい。

僕はその中でもカーボンブラシじゃないかなと思い、
カーボンブラシなら、仮に原因じゃなくても、
直ったときに、しばらく使えるだろうと思い、
部品を発注し、1000円くらいで、いざ修理!!

掃除機の外殻を全部外し(ネジ3本外すだけです)
モーター部分を露出させて、
カーボンブラシを外します☆
掃除機カーボンブラシ交換 (2)
簡単なので誰でも出来ます(^o^)


外したカーボンブラシの比較です☆
掃除機カーボンブラシ交換 (1)
多少チビてますね・・・・


反対側も外します☆
掃除機カーボンブラシ交換 (4)
ちなみに緑の丸いのが温度センサーです!!


これも比較するとこんな感じです☆
掃除機カーボンブラシ交換 (3)
少しちびてますね・・・

ってか、これならまだカーボンブラシはイケそう(^_^;)
ってことは、原因は他にあるような・・・
と思いながら、元通り組み直し、
スイッチオーン!!

あれ??
やっぱり・・・・
うんともすんとも言いません・・・・(T_T)

原因は他にあるようで、ググってみると、
案外、プラグの付け根の断線とか(^_^;)

まさかな・・・
と思い、テスターを当てると・・・
通電なし・・・・

これかーい!!
って事で、コードを切って、100円のプラグを買ってきて、

↑こういうやつ☆

普通に取り付けて、
ふっかーつ!!(復活)

なんでやねーん(T T)/

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)