FC2ブログ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 ステップジョー

今日は何日ぶりかに旋盤・ろくろをしました☆

この前自作で階段のようなチャックを作っている人がいたので、
これは「いただきや!!」と思い、早速作ってみました☆

”ステップジョー”というみたいです(^_^)v
ステップジョー (1)
旋盤で削り出しました(^^)/



内側が35㎜で外側が60㎜でした。
↑後から分かったのですが・・・無計画(T_T)
ステップジョー (2)
終わってから気付いたのですが、
3つ爪か4つ爪の方が良かった気がします・・・


柔らかい木なので大丈夫かなぁ??
ステップジョー
もう少し試行錯誤した方がいいみたいです(^_^;)
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 お椀 高台削り

リングチャックを作ったので、
早速前にアップしたお椀の高台を削り出しました☆


まずはリングチャックとお椀です。
CA3G0262.jpg
↑リングチャックの作りの雑さがにじみ出てますね(^_^;)


セッティングの写真を撮り忘れました(>_<)
CA3G0260.jpg
何となくこんな感じかなという写真です・・・



少しアップにしてみました(^_^)v
CA3G0261.jpg
思ったより綺麗に削ることが出来ました☆


しかしこのリングチャック、
僕の作業ではあまり出番がないような気がします(T_T)


いやいや・・・
無理矢理でも使っていこう・・・と決めました!!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 リングチャック

ようやく念願のリングチャックが出来ました☆

前回のボルト買ってきたら良いだけの状態の物は、
中央の穴の部分と、ボルト穴の位置が近すぎて、
咥えられる物が非常に限られてしまうようで、
また一からやり直しでした(>_<)←どんくさ!!


面盤は杉の足場板の端材です☆
加工していたら割れました・・・杉やからね~
まぁ想定内で、天気も良かったのでボンド付け修理です☆
CA3G0257_20120423224636.jpg
リング部分は針葉樹林の合板の端材です☆
柔らかいけど大丈夫かな・・・(^^;)

まぁ紆余曲折を経ましたが完成です☆



面盤裏です☆
CA3G0259_20120423224634.jpg
爪付ナットの位置ですが、
外側が、直径64・72・80㎜用です。
内側が、直径32・45・57㎜用です。
径のサイズは意味はありません(ホールソーのサイズです)


リングチャックファミリーです☆
↑何でもファミリーになってしまう・・・(>_<)
CA3G0258_20120423224635.jpg
前に作ったやつが無駄にならないように思ってたら、
こんなに沢山になってしまいました(^^;)


「びんぼー木工房あーるす」の
18番ですので・・・
あしからず・・・

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 ろくろチャック3+おまけ

またまたやっちゃいました・・・ろくろチャック作り☆

面盤の無い挟み込みが沢山あるので面盤をつけていきました。

面盤をとめている15円チャックでは
いまいち垂直がとれて無くてまっすぐ回りません。
だから後から面盤自体をフェイスワークで平らにする事になります。

しかし15円チャックを面盤にビス留めしていて、飛び出た分を
グラインダーで切っていたので、フェイスワーク中にバイトが
ビスに干渉すると刃こぼれを起こしてしまいます・・・(T_T)

コレを解決できないかな??と考えていたら、
「そうや!!面盤を厚くすれば良いだけやん!!」と思い、
その辺にあった、足場板の切れ端を使うことにしました☆
CA3G0224.jpg
割とキレイに出来ました☆



10㎜の溝を十字に切りました。締め付けボルトは6㎜です。
(遊びがないとセンター出しが難しくなります・・・)
CA3G0225.jpg
遊びをとることによって、多様のいびつな材もつかめます☆
ワッシャーは8㎜を使っています。



これはまだフェイスワークをしていないのでガタガタします。
CA3G0222.jpg
これは表側からドライバーで締めることが出来ます☆
(全部コレにしたいのですが、ネジがないので・・・)


センター出しが終わった最後の締め付けを蝶ナットでします。
CA3G0223.jpg
表側(削る側)にはあまりネジ頭やボルトなどが出ないように
した方が良さそうです☆
 →削っている時に当たってしまう可能性があるから(^_^;)

チャック作りって結構楽しいです☆
頭をフル回転させて墨を引く時が面白いですね☆




おまけ
太鼓バチ2号です☆
CA3G0226.jpg
長いものはスピンドルターンのセンター出しが難しいです。
 →角度がなかなか平行にならないので・・・(T_T)


どんくさ木工全開です!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 チャックがファミリーになりました☆

今日もやってしまったチャック作り(^_^;)
本日のチャックはのほほんさん「へんてこ簡単チャック」です。(記事中段より少し下)
あいも変わらず丸真似です(^_^)v


水道のパイプを締め上げるホースバンドを購入。
ググったらみなさん200円前後と書いてはるのに、うちの近所には売ってもないんです
CA3G0178.jpg
小さいのはHCで150円であったのですが・・・


そこで職人さんの店に行ってようやく発見!!
CA3G0177.jpg
150㎜400円・・・高いよー(T_T)


それぞれに墨付けをしました☆
だいぶ墨付けのポイントがわかってきました(^_^)v
CA3G0175.jpg

①まずはセンターを計る。
②外径と内径をコンパスでとる。
③4等分の線を引く(くり抜いてからではとりにくいので)
  →セット時の目安になる。
④8等分の線を引く/外径と内径の間に円を描く
  →交点が爪付きナットの位置になる。 


CA3G0176.jpg
これをサークルカッターで切り出します。
ただ外径は後から旋盤に取り付けて調整も可☆


4等分して爪付きナットをつけて完成!!
CA3G0179.jpg

やってしまった・・・どんくさ木工真骨頂♪
CA3G0180.jpg
爪付き用の穴がはっきりと開いているのに、
墨線を勘違いしてカット・・・So Bad
しかも1つは完璧粉砕、僕の木工どんくさい♪ 笑えねー(T_T)
3爪チャックになりました・・・(>_<)



それと2代目チャックが長方形の材料のチャッキングができることが判明☆
CA3G0181.jpg



なんやかんやでこんなに沢山作ってました<(_ _)>
CA3G0183.jpg
チャックファミリーとなってしまいました。
しかも情けないことに、これだけ種類があるのに、
つかめないサイズがあるというていたらくです(^_^;)

ご利用は計画的に・・・

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 ろくろ挟み込みチャック2

またまたまたまたチャック作り。
前回のが材料が堅すぎたのか、無理しすぎたのか、壊れまして、
また作りました(T_T)

作品は1個もできてないのに、チャックは4個目って・・・おいっ。
だいぶ要領やら、サイズやらをつかんできました☆
今回のは前々回と同じ材料で作りました。  酒樽檜・・・
CA3G0170.jpg
内側の円の外径より爪付きナットの位置が低いと強度的に弱いです。
だから、外径より高い位置に爪付きをつけると、6㎜×50㎜の
ネジでは届かなくなってしまいました(T_T)
仕方なく引っかかる位置まで穴を彫り込みました(>_<)


やっぱり長い目のネジの方がいいみたいです。
少し長い目だと、円より少し大きい物でも挟み込めますが、
短いと、本当にただ締め付けるだけになり、材料のくわえ
込ませる部分を円と同径にしないといけないからです。
↑これが結構手間です・・・



チャックの試し削りで、杉の枝を使っています。
たぶん5個目くらいだと思います。
CA3G0172.jpg
今日は、小さいバイトと、バールバイトを削っていたら、
案外いい感じに削れる角度を体得しかけました☆


経験と勘・・・奥が深いですね~(>_<)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 ろくろ挟み込みチャック

先日のリベンジで挟み込み式のチャックをつくりました☆
とにもかくにも、どこをどうすればどうなるのかっていうことが、
全くわからないので、とりあえず作ることにしました(^_^;)

材料は110mmのコンパネと、30㎜厚のたぶん酒樽のふたを
勿体ないので切り出したものだと思います。
CA3G0156.jpg
挟み込みを締め付けるネジは6㎜×45㎜がほしかったのですが、
手持ちは30㎜しかなかったので、だいぶ堀込みました。
受ける部分も爪付きナットがなかったのでボルトで代用しました。



面盤には、15円座金をセンターに止めて、
面盤とチャックの接続は先日の長ネジとボルト瞬接を使いました☆
CA3G0157.jpg
座金をつける位置で多少のセンターずれがあっても、
これは旋盤ですから、後で削ればOKです☆



まず15円座がねビス留めチャックで、
挟み込みと同じ径に削り出します。
CA3G0155.jpg



続いて、削りだした部分を挟み込みチャックに挟み込みます。
CA3G0158.jpg
まず、チャックにしっかりと挟み込み、
面盤に装着する時にセンターを精一杯確認します(>_<)



少し回してみて微調整をする←これがめんどくさいんです・・・
CA3G0159.jpg
割れてますケド・・・(T_T)



何となく完成です☆
CA3G0160.jpg
ってか未完成・・・
というより失敗・・・(T_T)


こういう小物を削る時は、僕のスキューでは大きすぎてすぐに
反対側に干渉して、キャッチして、割れます・・・

もう少し先っちょの細いバイトが欲しいなぁ(>_<)




☆今回わかったこと☆
 ◎15円チャックで削るのは挟み込みの部分だけでよい。
   →全体をすると挟み込みにつけた時にセンターが出ないことが多く、
    微調整するのが嫌になる(T_T)
     →削るのを挟み込み部分だけにしておけば、センターがずれていても、
      挟み込みチャック時から成型していけばいいから☆
 
 ◎挟み込みチャックにはまるちょうどの大きさに削るべし!!
   →少しでも大きいと挟めない。小さすぎてもから回る。
     →小さい場合は段ボールを一周挟めばガチッとする☆
     →もしくは4つ爪チャックを作るべし!!

 ◎バイトをしっかりと準備した方がいい。
   →だいぶチャックの精度も上がり、強い衝撃にも耐えられるようになった。
     →くり抜いていくためには細いバイトが必要。
     →研ぎ角ももう少し研究した方がいい(>_<)

ろくろは楽しいなぁ☆   

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 旋盤チャック

今日は旋盤のチャックを改良する事にしました。
今までのは、がっちりとキャッチはしてくれるのですが、
どうしても、おしりの部分にビス跡が残ってしますので、
それを無くすためにのほほんさんの旋盤チャックを真似る事にしました。


早速HCで
4㎜×120㎜ボルトを4本
6㎜× 40㎜ボルトを4本
ワッシャーを8個買ってきて、
爪付ナットは沢山あったのでそれを使いました。


まずは爪部分の墨付けです。(もちろん端材です☆)
CA3G0144.jpg
これをジグソーで切り出しまして、自作ボール盤でボルト穴をあけ、
爪付ナットを打ち込みました。


買ってきた長ネジですが、1/3しかネジが切ってなかったので、
CA3G0145.jpg
(と言うよりそれでいけると思っていた(^^;))、


全ネジにするべく、ダイスでネジ切りました。
CA3G0146.jpg
1本ずつ切っては、爪付ナットに通していたのですが、
最後の1本は一気にやってしまった結果、ネジがちゃんと切れず、
棒になってしまいました・・・(T_T)
改めてもう一回ダイスを通してみると一応ネジが切れたのですが、
山が浅い浅い・・・大丈夫かな??


おそるおそる組み合わせていくと、サマになっている☆
CA3G0148.jpg
と思いきや、ネジとネジが干渉して、インパクトでは回せない(-_-)
せっかく頭がプラスになってるのに、先っちょを持って手回し状態。
穴の位置はずらさないと駄目みたいです(>_<)


気を取り直して、背板部分です。
CA3G0149.jpg
トリマーの6㎜で8㎜の溝を切りました。(あそびが重要!!)


12㎜コンパネと19㎜SPFを使う予定だったので、
背板と爪部分の結合は6㎜×40㎜のボルトで十分と思っていたのですが、
ふと「キャッチ部分は少し深い方がいいやろう」と思い、
35㎜の端材を使ってしまうわ、あったはずの6㎜爪付ナットが無く、
ボルト打ち込みにしたため、長さが足りないという始末・・・



急遽6㎜×20㎜の長ネジの残材があったので、それを3等分し、
(1本はボルトがあったので)、頭に6㎜ナットを瞬接の荒技!!


で、とりあえず完成です☆
CA3G0147.jpg



早速取り付けて回してみると・・・
回るじゃん!!!
と思いきや、足下めがけて木が飛んできた・・・


そりゃそうなりますわ・・・(-_-)
のほほんさんがわざわざ注意書きしてはった、
爪部分の角度が逆になっていて、外に向かって開いてる・・・


仕方なく、両面テープや、紙ヤスリを貼り付けてみましたが、
やっぱ駄目みたいです・・・
外開き角度ハンパねー!!
ジグソーの使い方が良くないみたいです・・・(T_T)



気を取り直して、角度が外開きという事は、反対向ければいいってこと。
で、ナット打ち込み穴を空けていたら・・・
CA3G0150.jpg
御覧の通り・・・散々です(T_T)

丁度用事があったので、今日はこれで切り上げました・・・
くぅ~ちんぷんかんぷんですわ・・・(>_<)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 ドリル旋盤 ボルトチャック

これは何でしょう??

タイトルで分かるわい!!ということで自作旋盤チャック部分です☆

どうも12mmのボルトだけだと、負荷がかかったときに空回りをして、
ねじ山が馬鹿になり、少し深めにバイトを入れると空回りするようになってしまいます。

そこで対処法として、両端から挟み込む強さを強めると回転が遅くなりますし、
より深い固定用穴を空けたところで、また空回りすれば意味がない。
使える部分も減りますし・・・・(^_^;)
ダブルナットも、負荷がかかるとゆるんだりします。

ということで、じゃあ今度は引っかかる部分をつければということでこれを作りました。
(まだ使ってませんが・・・)


板付きナットなんて言う高価なものは持ってないので(1コ100円くらいする)
12mmのボルトに2.5mmの穴を空け、そこに2.7mmの木ねじをねじ込んでます。
CA3G0117_20120314201430.jpg
穴を空けるのに結構苦労するかと思いましたが、案外簡単に飽きました☆
1穴2分くらい(^_^)v



そこで早速試そうと思ったら、ご覧のように木ねじの皿部分がねじ穴に干渉・・・
「ネジ通らへんやんけ!!」という実に情けない事になりました(T_T)
CA3G0118_20120314201430.jpg
どんくさ!!


もしかしてこのパターンだと、あんまり効果無いんじゃないだろうか・・・
いやいやいやいや・・・・絶対行ける!!
と思いこむしかありません(>_<)




ところで明日は眼科に行く日だ・・・
ちゃんと前みたく見えるようになるのだろうか・・・



ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。