FC2ブログ
      
以前 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

太鼓バチ 修理

一対15000円もする太鼓のバチ。
高いのによく壊れて困ります。

なぜ、衝撃が一番加わる部分に金属が使われてるのか?
訳がわかりません。

金属が先端につくことで、重心が先端にいって、遠心力がついて叩きやすいけど、
その分衝撃が強くなるので、先端の負荷は大きくなります。

なのにバチ本体は柔らかい檜で出来てるので、
当然金属対檜になると、破損する確率は格段に高いと思います。

さらにアンカーボルトとM8鍋ネジは金属と金属なので、
カチッと締まっていても、太鼓を叩く衝撃を繰り返すと、次第に緩んで行きます。


硬いものは破損しにくいですが、衝撃を自身に吸収せず、振動をそのまま伝えます。

でから金属同士だと自身は形を変えず、相手に振動を伝え合うので、
ぶつかり合って、段々と隙間が空いて行くから緩みます。

実際にはアンカーボルトと鍋ネジが振動し始めて、
さらにアンカーボルトを差し込んでるバチの穴に伝わって、
穴が広がって、アンカーボルトがすっぽ抜けます。

木材は金属に比べ破損しやすいですが、
衝撃を自身に吸収し、振動を軽減します。

木材同士なら衝撃を吸収しあって、
緩みにくいと思いますが、
木でアンカーボルトを作る技術が僕にはありません。

なので、とりあえずアンカーボルトはそのままで、
M8鍋ネジを木で作りました。

が、残念ながら、この通りポッキリ。
細過ぎたみたいです。

しかし折れて気づいたのが、
無理に部品2つにしなくても良いということ。
全部一体型にすれば、バチ本体との接点も、
木と木になってゆるみにくいだろうと。

更にネジ部分が細くなるのは、どうしようもないので、
材料を硬い樫で作る事にしました。
(樫は剪定した樫の木の太い枝を乾かして置いてあるので)

ドリル旋盤で切り出します。



アップにするとこんな感じです💁🏻‍♂️


さらに加工

一番上の傘はフェルトの押さえ、
その下の少し太い所はフェルト一枚分弱を通す部分、
ネジ溝は目方で合わせて切出刀で切りました。


これをフェルトに通します。

後は差し込んで、ネジを締めて完了です。
緩むこともなく、良い感じで修理出来ました‼️


時間結構かかってるよー‼️
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

掃除機 カーボンブラシ交換

少し古い型の掃除機なんですが、
動かなくなって3年くらい放置・・・
この掃除機は僕には特別思い入れのあるもので、
「何とか修理して使えるようにしたい」
とずっと思っていました(>_<)

しかし何が原因か分かりません・・・
症状はスイッチを入れたら、しばらく動いて、
ゴミ捨てランプが光って止まるを繰り返し、
とうとう、電源さえも入らなくなりました(T_T)

仕組み自体はそんなに難しい物ではないので、
分解して、原因を特定しようと試みました(^o^)

予想①
「温度センサーの不良」
ゴミのランプが光るのは、
パックにゴミがいっぱいになって、
空気が外に出にくくなる事によって、
モーターに異常な負荷がかかり、
モーターの温度が上がりすぎると、
出火や火傷の原因になるので、
モーターの温度を感知して、
一定以上になると低回転にして、
温度上昇を抑える仕組みだから、
という考察をした時に、
その温度センサーの故障が考えられる。

予想②
「カーボンブラシの摩耗」
単純にカーボンブラシの摩耗で、
電気が起きないから始動しない。

予想③
「回路の故障」
ただ、しばらく普通に動いてたので考えにくい。

僕はその中でもカーボンブラシじゃないかなと思い、
カーボンブラシなら、仮に原因じゃなくても、
直ったときに、しばらく使えるだろうと思い、
部品を発注し、1000円くらいで、いざ修理!!

掃除機の外殻を全部外し(ネジ3本外すだけです)
モーター部分を露出させて、
カーボンブラシを外します☆
掃除機カーボンブラシ交換 (2)
簡単なので誰でも出来ます(^o^)


外したカーボンブラシの比較です☆
掃除機カーボンブラシ交換 (1)
多少チビてますね・・・・


反対側も外します☆
掃除機カーボンブラシ交換 (4)
ちなみに緑の丸いのが温度センサーです!!


これも比較するとこんな感じです☆
掃除機カーボンブラシ交換 (3)
少しちびてますね・・・

ってか、これならまだカーボンブラシはイケそう(^_^;)
ってことは、原因は他にあるような・・・
と思いながら、元通り組み直し、
スイッチオーン!!

あれ??
やっぱり・・・・
うんともすんとも言いません・・・・(T_T)

原因は他にあるようで、ググってみると、
案外、プラグの付け根の断線とか(^_^;)

まさかな・・・
と思い、テスターを当てると・・・
通電なし・・・・

これかーい!!
って事で、コードを切って、100円のプラグを買ってきて、

↑こういうやつ☆

普通に取り付けて、
ふっかーつ!!(復活)

なんでやねーん(T T)/

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

耕運機MMR50パンク修理

うちの社長が以前から、
「ミニ耕運機が必要やわ~」と言ってまして、
先日2人でスクラップ屋に行って、
「動きそうだけど壊れてる物」を探してきました😅
安上がりなので(笑)

そこでミニ耕運機ミツビシのMMR50を見つけたので、
持って帰って、キャブをOHして、動くようになって喜んでいたら、
翌日パンクしてることが判明・・・😱

修理することになったんですが、
何とタイヤがチューブレス‼️
タイヤを買い換えると7000円って・・・アンタ・・・
本体が12000円なので、アホらしくなり、
ググりまくって見つけたのが、
チューブレスタイヤにチューブを入れるという方法😁

で、早速、ネットで安いのを探して両輪2500円(送料込み)でゲット!!

タイヤを外し、リムをタイヤブレーカーで落として、この状態にします⬇︎
耕耘機パンク修理 (1)
ホイールと、ホイールの間に入れるゴムと、タイヤです👍


後は自転車のタイヤ交換と同じです👌
チューブを入れて、
耕耘機パンク修理 (2)


片面のホイールをかぶせて、
耕耘機パンク修理 (3)
バルブを出すのを忘れずに😎


緩衝材のゴムを挟んで、
耕耘機パンク修理 (4)
ネジを入れておくと分かりやすい👌


反対側のホイールを入れて、
耕耘機パンク修理 (6)
ネジを入れて、


もう片方のホイールで挟み込む‼️
耕耘機パンク修理 (7)
後は、バランスを取りながら車軸を通して、
固定をすれば出来上がりです‼️

チューブなので、多少フワフワしますが、使用上は全く問題ありませんよ👍

簡単なので、
是非やってみて下さい🤾‍♂️

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

太鼓修理

太鼓を修理することになりました☆
実は2・3年前からするつもりでいたのですが、
いつまでにというのが無かったのでほったらかしでした(^_^;)
ようやく今年の夏に使う方が出てきて修理して欲しいとなりました☆

修理をするに当たって非常に役に立ったのがこの板です☆
太鼓修理 (4)
ちょっと見にくいのですが、各部品の幅やらセンターやら、
トリマーの溝の幅やらをマーキングした定木です☆
こういうのを作ると一々計る必要が無くて助かります(^_^)v


この定木を駆使して作ったのが、この芯の柱部分です☆
太鼓修理 (5)
脚との接点部分に4箇所の蟻溝と、
太鼓の上部の円形部を止める接点に大きな蟻溝を1箇所、
上部と柱を止める板をはめる蟻溝を2箇所切ってあります☆


色を塗ってないのが、作り直した部分です(^_^)v
太鼓修理 (6)
思ったより手間が掛かりました・・・


少しアップにするとこんな感じです(^_^;)
太鼓修理 (7)
アップにするとボロが出る・・・
急いで作ったので、トリマー焼けが酷いですね(>_<)


とりあえずカシュー(黒)で全面上塗りしました☆
太鼓修理 (8)
本当は全部サンディングして、
木を出してから塗り直さないといけませんが、
練習用なのでこれで良いかなと妥協してます(^_^;)


後は縁の部分にアクリル水性塗料の金を塗りました☆
太鼓修理 (10)
アップを取り忘れたのですが、実は全然綺麗に塗れてません・・・
遠目に見ると全然気がつかないくらい金なのですが、
近くで見ると、それはそれは酷いものです(T_T)


また太鼓が帰ってきたら、時間のを見つけて、
塗り直す予定です☆
太鼓修理 (9)
修理をするよりも最初から作った方が、
綺麗に出来そうな気がします(*^_^*)


本職忘れんようにせなあかん・・・

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

和室コンセントカバー修理 2


タイトルの通り和室コンセントカバーの修理なんですが、
前回の修理したのが早くも大破してしまいましたので、
今回はゴム製にすることにしました☆
(もっと堅い木にしても良かったのですが・・・)

厚さ3ミリの100×100のゴム板を買ってきました☆
多分200円くらいだったと思います(^_^;)
コンセントカバー修理 (2)
1個20㎜×80㎜なので余分をカットしておきます(^_^)v
これも使いますよ~


寸法は前回のを参考にしました☆
コンセントカバー修理 (4)
ゴム板は描きにくいです(>_<)


4つにカットします☆
コンセントカバー修理 (5)
これで4箇所分出来ます(*^_^*)


コンセントの差し込み口は、良く切れるカッターで、
刃を立てて切ると結構やりやすいです☆
コンセントカバー修理 (6)
固定用のネジ穴は彫刻刀の小さい丸刀を、
上下左右の4方向から刺して丸く掘りました(^_^)v


大破した旧作です(T_T)
コンセントカバー修理 (9)
桜や樫で作れば柾目方向に割れにくいのかも知れませんね(^_^;)


新旧交代です☆
コンセントカバー修理 (11)
木の方が趣があっていいんやけどな~(>_<)


さらにアップ!!
コンセントカバー修理 (7)
差し込み口の雑さが露呈しますけど・・・(笑)


コードを挿してみました☆
コンセントカバー修理 (8)
ゴムだから火災の心配もありませーん!!


ってか・・・
全然木工じゃねー!!


ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

三味線 糸巻き修理

三味線の糸巻きを修理しました☆
ってか、作り直しました(^_^)v

一本だけ色の塗ってないのが僕作です☆
三味線 糸巻き (2)
「見たら分かるわい!!」って、
言ってもらってもいいですよ~(笑)


材料は桜で作ってみました☆
三味線 糸巻き (3)
ただ、残念なのが、
短かっ!!!


更にアップで、
荒っ!!!
三味線 糸巻き (1)
今回も風呂の炊き場コスコスと小鉋で削りました☆
これがなかなか手間なんですよ~(^_^;)


今度はドリル旋盤でやろーっと☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

裁縫箱 修理

母親の依頼で裁縫箱を作り直すことになりました☆

前回作った物は、あり合わせの板をくっつけて箱状にしたんですが、
作りがチャチ過ぎて壮絶に壊れてました(T_T)

そこで今回は、頑丈さと手間を惜しんだのとで、
総コンパネ作りにしました☆
コンパネ&ビスの簡単作りです(^_^)v

出来上がったのがコレです☆
裁縫箱修理 (2)
見事なコンパネ感でしょ??(笑)
取っ手や金具は古い物を再利用です(^o^)


サイズも格好も前回のと同じです(^_^)v
裁縫箱修理 (1)
下の引き出しに小物を入れて、
上の箱部分に、三段重ねのトレーが入ります☆

頼まれてから半年ほど経って、ようやく時間が取れたので制作☆
母親の喜ぶ姿に合掌です(>_<)

「親孝行」「夫婦仲良く」ね!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自動鉛筆削り機 修理

いや~本当最近忙しくて更新する間がないんですよ~(>_<)
しかも、木工ネタもなくて、
ひたすら実用修理ネタばかりでゴメンナサイm(_ _)m

ってことで、今回は、
娘の自動鉛筆削り機が削れなくなったので、修理しました☆
知り合いの方から入学祝いに頂いたイオ○製です(^o^)

で、早速分解するんですが、いきなり問題発生!!
ピンクの外カバーを外すネジが、プラスじゃなくて三角ですってよ!!
どうしてこういう事するのかな~(^_^;)
おそらく、新しいのに買い換えるようにって策でしょう(T_T)
鉛筆削り修理 (8)
「あきらめたらそこで試合終了だぉ」 ○西監督のお言葉そのままに、
レッツ チャレーンジ(^^)/

プラスの折れたインパクトのビットを、
ベンチグラインダーでコスコス削って三角にしました☆
鉛筆削り修理 (10)
これ中心を出すのと、三角の角度を出すのが、
意外に難しいんですよ~(^_^;)


裏側のカバーを外せたら、今度は表側のカバー☆
鉛筆削り修理 (6)
深い穴の奥に、今度は+ネジなのでドライバーでイケそうです(^o^)


もう一分解です☆
右側の黒い部分を外します(^^)/ (ネジ2本)
鉛筆削り修理 (1)
これは鉛筆を差し込んだ事を認識する部分のようです☆


写真が左右反転して見にくいですが、
鉛筆を差し込むと、これがスライドして、刃が回転するようです☆
多分ね・・・
鉛筆削り修理 (5)
要するにスイッチって事です(^_^;)


さあ、これで中が見えました☆
鉛筆削り修理 (2)
原因は何でしょうか??


正解はコレ!!
超ミニ鉛筆が中に入ってた~!!
鉛筆削り修理 (3)
このミニ鉛筆が機械の中で、自動で回転する刃と一緒に空回って、
研ぎたい鉛筆を入れても刃に届かず、削れなかった訳です(^_^;)

実はコレを見つけるのにだいぶ時間がかかりました(T_T)
なぜなら、黒光りして部品のように見えたからです(^_^;)

後は逆手順で組上げていって、最後の裏カバーのネジは、
あり合わせの+ネジに付け替えて、修理完了と相成りましたm(_ _)m
鉛筆削り修理 (9)
本当!三角ネジとかやり過ぎだろーと思います(>_<)

まっ!案外簡単に直ったわー!!!

※三角ネジのご用命は当方まで(^o^) (笑)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

兵港 六角時計修理

5月13日とある依頼が来ました☆

弟の嫁さんの実家の方で、
「時計が壊れてんけど、お義兄さん直せんかな?」
ということでした(^o^)

もちろん二つ返事の、
「はい!喜んで!!」
ということで、早速現物を預かって修理です☆
兵港 六角時計修理 (1)
立派な時計です(>_<)
触って良いんかな~??って感じです(^^;)


故障箇所はコレ↓
兵港 六角時計修理 (2)
ボッキリ折れてます~♪
こらよっぽど力入れやんとこうはならんな~(-_-)


横から見ると分かりやすいです☆
兵港 六角時計修理 (4)
こら、新しいのを作るしかないな~(^o^)


変な未練が残ると嫌なので、強引に外したら折れました(笑)
兵港 六角時計修理 (8)
こうならんとやる気が起こらんからな~(>_<)


ってことで、テーブルソーで薄い板を切り出して、
鉛筆で墨引いて、カンナと紙ヤスリでゴシゴシ♪
兵港 六角時計修理 (5)
あとは塗装を残すのみ☆
カシュー黒が僕の持ってる塗料では一番上品なので、使用(^^)/


こんな板に箸を刺しただけの台ですが便利です☆
兵港 六角時計修理 (6)
三度~五度塗りで出来上がり☆


そうこうしてたら、ムーブメントも届きました☆
SEIKO製だからてっきりmade in Japanだと思っていたら・・・
兵港 六角時計修理 (7)
チャイナかいな~(>_<)
Produced by Japanて・・・
責任取れるんかーい(>_<)/””


どうあがいても後の祭りなので、装着しました☆
兵港 六角時計修理 (9)
あれ??何か針がこじんまりしてる気が・・・
元の針をトレースしたから原寸大のはずやねんけど~(^^;)

まあ、修理は完了ですわ!!

違和感があればいつでも作り直しますよ~☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

キャブレターの仕組み(私論)

以前にキャブレターの仕組みについて紹介しましたが、 
あれから年月が経ちまして、多少修理回数も増えて、 
改めてキャブレターについての私論をまとめたいと思います☆ キャブの仕組み 
なぜかというと、 
おそらく、壊れたと思っている機械の半分くらいは、 
キャブ不具合が原因で、コンプレッサーと1000円あれば、
  誰にでも自分で直せるんじゃないかな?
と思うからです☆ 

まあ、あくまで我流ですが、イメージがつかめれば、
 誰でも出来るので、(色々小さなコツはありますが・・・) 
一人でも多くの人のお役に立てればと思いアップします☆
 っていうか、僕の場合はキャブをいじる度に、 
毎回「どうやったけな~?」となるので、 
今の段階で考えていることをまとめようと思います(^_^;) 
 まあ、簡単に言うと、 根拠のない備忘録です(笑)

修理にあたるのには、基本的な考え方が大事です☆
エンジン式の機械は、 草刈り機でもチェーンソーでも
トラクターでもバイクでも、 
基本的な考え方はあまり変わらないと思います☆ 
①スターターロープを引っ張ることによって、
 手動で電気を起こし、ピストンを動かし、
(バッテリーがあれば、セルを使い、自動ででも出来る)
②燃料を吸い込んで、 
③エアクリーナーから空気を吸い込んで、 
④キャブレターで混合させて、空気で霧にして、
 ⑤プラグの火花で爆発させて
 ⑥ピストンが動いて、 
⑦歯車が動いて、 
⑧軸を回して、
 ⑨刃なり、タイヤなり、モーターなりを回転させる。
 この過程の一つ一つに部品がある訳なので、 
故障箇所を消去法で確定すれば修理は出来ます☆

キャブに関してはまずはイメージが大事です☆ 
キャブレターは燃料を空気で霧にしてエンジンルームに送り込んで、 
プラグの火花で爆発させる役割だと思います☆ キャブの仕組み 
機械の動かない原因はたいていキャブレターの詰まりです☆ 
ガソリンを長期間放っておくと、液体は気化してなくなり、
 不純物やエンジンオイルなどがガムのような固形物になります。
 これがキャブレターの小さな穴をや気道を塞いでしまい、
 空気と燃料の比率がおかしくなって、爆発出来なくなり、
 エンジンがかかりにくい、かからないということになるわけです(T_T) 
 簡単に言うと、全部が新品の様な状態になれば、
  一発でかかるようにもなるわけなんです☆ 
 
  手っ取り早い方法は、
キャブレターを外して、 外せる部品は全部外して
(元通りに出来るように写真を撮っておく)、 
ゴムやパッキン以外の全部の部品を灯油に浸け込んで、
  2日間放置!! 
それから、穴という穴を全部コンプレッサーで吹きまくって開通させ、
 元通りに組み戻せば9割方は復活すると思います(^_^)v

 後は調整ネジの調整方法ですが、 ネジを締めきった状態から、
1回転半戻した位置から始めると良いと思います☆
 こだわり派や詳しい人は、こだわって下さいm(_ _)m

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自作 和室コンセントカバー

風呂焚きのをしている間って、結構時間が作れるんですよね☆

と言うことで、
数年間の懸案事項だった修理をしました(^_^)v

これは何だと思いますか??
タイトルで分かるとおり和室コンセントのカバーです☆
和室コンセント修理 (1)
とりあえず4箇所あるので、4個作りました(^^)/


僕の勤務先のコンセントが少し変わっていまして、
敷居に埋め込むタイプの物なんです(^^;)
それが完全に破壊されて、しかもコンセントが上向きに付いてるので、
埃がたまって危ない危ない・・・(^^;)
和室コンセント修理 (3)
ネットで探すと、1個400円くらいなんですが、
カバーだけでは売ってないんですよ~(>_<)
しかも埋め込み式の器具ごと交換となると手間が多いので、
やっぱり自分で作ることにしました☆


遠目の写真だと綺麗なんですが、アップにすると残念!!
和室コンセント修理 (2)
木が柔らかいのと、研いでない鑿でやったので欠けました・・・
作り直すのも面倒なので、また自分で許せなくなった時に挑戦です☆


とりあえず、ヤスリをかけて直して設置☆
和室コンセント修理 (4)
案外スッキリとしました(^_^)v
何より埃がたまらないので危険度は激減です(*^_^*)


同様の症状でお困りの方へ図面をアップしておきます☆
和室コンセントカバー
作ってからスケッチアップで書いたんですが、
先にこれやってから作れば良かった(T_T)


さあ、今度は何を直そうかな~??

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

胡弓 糸巻き修理

僕はいつも、捨てる物を見ると
「何かに使えないかな?」と思います(^_^)v

そして今回はお風呂の焚き物の薪を見て思いました☆
胡弓 糸巻き修理 (1)
これを割って・・・


細くして・・・
胡弓 糸巻き修理 (2)



これをもっと短くノコギリで切ります☆
胡弓 糸巻き修理 (3)
そこら辺にあったカッターで更に削って・・・


カンナを作業場から取ってきて、削って、
胡弓 糸巻き修理 (4)
サンドペーパーで楕円に磨いていって・・・


ハイ!出来上がり(^^)/
胡弓 糸巻き修理 (5)
先っちょの方に、ドリルで2㎜の穴を空けてます☆


これに付けます!!
これは胡弓(こきゅう)と言って、バイオリンみたいに弓で弾きます☆
胡弓 糸巻き修理 (6)
本当はこんな汚いところに置いたらダメなんですが・・・


更にアップ!!!
胡弓 糸巻き修理 (7)
桧で作ったんですが(薪が桧しかなかったので・・・)
本当は紫檀なんかで作る物ですが、そんな高価な材料は無いので・・・


でも、紫檀っぽく見せます☆
胡弓 糸巻き修理 (8)
相変わらずの100均ニスの7度塗り!!!
表面は握って回すので、少々ざらついた方がいい??


最終的にこんな感じになりました☆
胡弓 糸巻き修理 (9)
もう少し色が濃い方が良かったですが・・・(^^;)

これでまた、現役に復帰して貰えそうです☆

同じような症状でお困りの方、ぜひご一報下さい☆
出来ることならさせていただきますよ~(^^)/

「菜の葉一枚粗末にしてくれな、
 廃り物身に付くで、卑しいのと違う」


僕は地で行きたいと思います☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

扇修理 紙編

ボロボロの扇ですがまだ使います☆
扇 修理2 (1)
赤い日の丸の左側がペロンとめくれ返っています・・・


これは内の母親の修理法ですが、マスキングテープを使います☆
扇 修理2 (2)
和紙とか貼れば良いんでしょうが、変に貼ると紙が堅くなって、
開け閉めしにくいので、マスキングにしたらしいです・・・


意外にぱっと見は分からないんですね☆
扇 修理2 (3)
色が褪せてきたらチョンバレになってしまいますが、
意外に簡単で便利です(^_^)v

ナイス!お母さんの知恵袋(*^_^*)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

扇修理 要(かなめ)編

以前から気になっていた扇の(扇子)骨がバラバラになってるの・・・
どうやって直せば良いんでしょうか??

ってことでググっていると・・・
ちゃんとありますグーグル先生!!

ちなみに扇の骨をまとめているところを「要(かなめ)」っていうらしいです☆
それが分かるまでに結構時間がかかったんですが(T_T)

早速やってみましょう☆

まずはバラけた扇です。
扇 修理1 (1)
要が無くなって使い物にならない・・・


こんな感じに・・・
扇 修理1 (2)


そこで登場!!
使えないボールペンさん☆
扇 修理1 (3)
本当はインクもない方が良いけど、あり合わせがコレなので。


何とまあ、要の穴にジャストサイズなんですよ☆
扇 修理1 (5)
要を通して、両側2㎜くらいずつ余分を見ておきます。


コレをライターであぶります☆
扇 修理1 (6)
するとクルクルと溶けていくんですよ(>_<)
あまりあぶりすぎると焦げるので注意です!!


そして両側をあぶると、何と、ピタッと止まります☆
扇 修理1 (7)
コレは感動ものですよ!!!


必要な道具はこんな感じでした☆
扇 修理1 (8)
本当に賢い人はいる物だなと痛感しました(^o^)

僕はまだまだ頭が堅いな~(T_T)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

ランダムサンダー パッド修理

ずいぶん前に買ったランダムサンダーですが、買ってから気づいたのが、
「パッドのマジックが無いやんけ!!」
ということです(T_T)
ランダムサンダー修理 (2)

これは非常に致命的です(-_-)
なぜなら、紙ヤスリが取り付けられないからです・・・
もうすでにサンダーではなく
ただ「クルクル回るのみの存在」なわけです・・・

しばらくは両面テープで取り付けていたのですが、
そのうち付加に負けて、はがれて、飛んでいきます(>_<)
(すごく切なくなりますよ~)

というわけで、色々対処法を考えていたんですが、
ぱっと浮かばず、あきらめて保留にしていました(-_-)

ある時、子供のズボンの穴を埋めるのに、
100均でアップリケを探していると・・・
こんなのを↓見つけました☆
ランダムサンダー修理 (1)
「両面テープ付きファスナー」です!!
これは、マジックテープの裏に両面テープがついてるんです!!
ただ100㎜角なので、少しだけ小さいので一応2つ買いました☆


中身を取り出して、マジック式のサンダーペーパーを貼り付けます。
ランダムサンダー修理 (3)
これで、吸塵用の穴の位置がはっきりと分かります(^_^)v


ちょうど持っていた、皮に穴を空けるポンチを使います(^^)/
当たり前ですが、下に板を敷きますが、堅い方がやりやすいですよ☆
ランダムサンダー修理 (4)
マジックでしっかりくっついてるので作業がしやすいです(^o^)


円形にしたいので、パッドに合わせてマーキングをします。
ランダムサンダー修理 (5)
マジックをはがして、ひっくり返し、両面テープ側を上に向け、
ランダムサンダーをその上に乗せて、パッドに沿わせて、
マジックでなぞるとそれなりな円が描けます(^o^)
(サイズが少し小さいので真円は無理ですけど~)


後は線に沿ってハサミで切りまーす(^_^)v
ランダムサンダー修理 (6)
マジック式ペーパーが実は他社製で、
僕の持ってるリョービ製より10㎜くらい大きくて、
このリョービ製に合わせて、ざっくりと切ったので、
真ん丸じゃなくてガタガタ丸なんですよ~(T_T)


後は両面テープをはがして、吸塵口に合わせて貼り付け☆
ランダムサンダー修理 (8)
これが実は慎重にゆっくりと貼り合わせないと、
きれいに貼れないことが、貼ってから分かりました(T_T)


ちょっとはみ出してますが、ばっちりとくっついています☆
これでようやく、ランダムサンダーの本領発揮が出来ます(^^)/
ランダムサンダー修理 (9)
この発想にたどり着くの本当に時間がかかりました・・・
っていうか、発想はあったけど、マジックテープがなかった↓

ペーパーの張り替えがこんなに楽になるとは・・・
両面テープの苦労時代があったからこそ味わえるこの感動・・・

いや~全ては、
子供のズボンの穴のおかげです(*^_^*)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

カーナビ USBケーブル接続

去年の秋頃にカーナビが壊れたのでオークションでゲットしました☆
なんと1600円でした☆
カーナビ ケーブル修理 (1)
壊れたやつは、これより2年前のもので、
サラですが、18000円でした・・・(^_^;)
その時は安いと思って買ったのですが、中国製はやっぱ早いっすね・・・

ところが、届いた物を見ると、
ケーブル無いやんけ!!!
いくら、充電がしてあっても、車で充電出来なきゃ意味がない・・・

ってことで、しばらく放置していました・・・
が、父親が「直らんのか~??」ということで、
しばらくオークション徘徊で探しましたが、見あたりません(T_T)

そこで、昨日DIYの神が僕に舞い降りました☆
「5vのコネクターとUSBケーブル繋げばいいじゃん!!!」
ってことで、繋ぎました(^_^)v
カーナビ ケーブル修理 (2)
古いルーターのACアダプターとUSBケーブルを繋ぎました☆
(マウスのケーブルでもいけるかな?と思って繋ぎましたが、
 やっぱちょっと細いので却下したのが、写真のマウスです・・・)

それでもやっぱケーブルが細すぎるんですが、
「使えんよりはマシやろ!!」
ってことにして、とりあえず半田も何もせずそのまま繋ぎました☆
カーナビ ケーブル修理 (3)
ご覧ください!!
右上の充電ランプが光ってます☆ (ちょい見にくいって??)


これならどう??
(あんまり変わらんな~って思ってください・・・笑)
カーナビ ケーブル修理 (4)
まあ、なんしか充電できるようになりました☆
かっかっか☆真似する人は自己責任ですよ~

ちなみにコードは切るとだいたい中に赤と黒の線があるので、
それ同士を繋げば、電流は流れますよ(^_^)v
それと黒い2本線のやつは、
白い破線マークがついてる方が+プラスです☆
色やら柄がついてる方が+プラスらしいです☆
※念のためにテスターを当てることを強くお薦めします(^o^)

ということで、ナビ使えるようになりました(^^)/
DIYって本当にいいものですね!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

拍子木修理

これは何でしょう??
久しぶりのこの入り方・・・ウザイッすね(^_^;)

タイトルで分かるっちゅーねん!!
そうでぃす。
拍子木です!!!
拍子木修理 (7)
よく使われてるようで、修理をすることになりました☆


よく傷むのは端っこです↓
拍子木修理 (5)
左が元の状態で、右が少し削った様子です☆
叩くと端が傷むみたいです(^_^;)


台を直して、研ぎ直したかんなで削ります☆
拍子木修理 (4)
どうやら堅い木のようですが・・・


うーん!!
サクサクですわ!!!
拍子木修理 (3)
でも削り華がクルクルになってる!!!
少し大切れ(急角度)に研いだみたいです(^_^;)
これでも大分4~5°鈍角に研いだのですが・・・


今度は逆で、左が削り済みで、右が元の状態です。
拍子木修理 (2)
うーん・・・光の加減で分かりにくいですね(-_-)


分かりにくい写真が続きますが、これで完成です☆
一応ニスを塗っておきました(^_^)v
拍子木修理 (1)
これで、持つところがささくれ立ってないので安全です☆

ただ・・・
大分薄くなっちゃった~!!!

と言っても音が変わるほどじゃないですけど~(^o^)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

泡立て器 柄交換

なにやら女性陣が急ぎの様子・・・
「どうしたん??」とたずねると、
「泡立て器の柄がぐらぐらして泡立たへん」とのこと。

「じゃあとりあえず作るわー」と言い作業場へGO!!
久しぶりのドリル旋盤やけど・・・
あれれれ・・・?!
キャッチしまくるんですけどー(>_<)

とほほの体で作ったのがこちら・・・
泡立て修理 (2)
はっきりと駄作です(^_^;)


斜めから撮ってみたけど・・・
「駄作は駄作」です。
DASAKUと書いてみても「駄作」です・・・
泡立て修理 (4)
さらに情けなさを際立たせてくれたのが、
「へぇ~ちゃんと直ったやん、元通りやわ~☆」
というお褒めの言葉(*^_^*)

結局物作りの僕の感覚って、
自己満足かーい!!

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

ハタガネ サビ落とし

前にスピードコントローラーを作った際に、
箱を作るのにハタガネを使ったんですけど・・・

これ見て下さい!!
サビてんすよ~(T_T)
ハタガネ サビ落とし (1)
分かります??


ねっ?!
ガチ錆です・・・
ハタガネ サビ落とし (2)
軽く粉吹いてるから、締め付けると木に錆が付く訳です(^_^;)
それが木の粒子の間に入って、汚くなるんです(T_T)

そこで夜なべ仕事に磨くことにしました☆
これ知ってます??
ハタガネ サビ落とし (3)
100均の「サビ取り消しゴム」!!
金剛砂が入った消しゴムで結構使えるんですよ~


とりあえず磨いてみました☆
1本20分くらいですかね??
ハタガネ サビ落とし (5)
綺麗になるっしょ??


またサビが回ったら嫌なので、油を差しておきました☆
ハタガネ サビ落とし (6)
手がギトギトになりました(笑)


右が磨き前で、左が磨き後です☆
ハタガネ サビ落とし (7)
いや~気持ちよく綺麗になった(^_^)v
(後でヤスリがけすればもっと綺麗になるやろうけど・・・)


と言うことで、6本2時間をかけて磨きました☆
ハタガネ サビ落とし (8)
これで、また1つ愛着がわきました☆

さ、出番はあるかな~??

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

鍋ぶた修理

先日、自分の仕事が終わって「やれやれ」と思っていたら、

おかんが、
「これ直してくれへん?」
と鍋ぶたを持ってきました。
鍋ぶた修理 (1)
前から気になっていたので、
「分かったわ~、でも新しいの作ろうか?
と、木工意欲を燃やしていたら、
「もったいなからええわ。釘でコンコンととめてもろたらええから~」
ということです・・・(^_^;)

ところがどっこい、そんな事なら自分でやればいいじゃんと思い、
俺に頼むなら、オレ流修理するよってな感じで修理しました☆
鍋ぶた修理 (2)
と言っても、ただプレーナーをかけて、
(この前プレーナーの刃を研いでみたので、試したくてかけただけ 笑)
↑またアップします☆結構長い刃でも出来るもんですよ~

隙間にボンドを入れて、上から木屑をつめただけやけど・・・
(調理器具に木工ボンドってあかんやろな~と思いながら)

隙間が余りにも気になったもんで・・・

まあ、それでも
小綺麗になったからいいや~(^_^)v

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

グラインダー ベアリング交換

先日、手すりのペンキを塗り直すのに、ペンキはがしをしてました☆
その時、ワイヤーのカップリングブラシを使うのですが、
どうも、カップリングは重たくて、使いすぎると偏芯しそうなので、
僕の愛用のマキタのは使わずに、オークションでおまけで付いてきた、
古い日立のグラインダーを使いました(^_^;)

予想通りがたつき初めて、
それがひどくなったので修理することにしました(^_^)v

まずは分解です(^o^)
グラインダ ベアリング交換 (2)
案外簡単にバラせました☆


原因はモータハウジング下のベアリング破損でした。
グラインダ ベアリング交換 (3)
ベアリングの中のボールを固定する部分が割れてました・・・


まずは代用のベアリングを探すために、サイズ計測。
外径は19㎜くらいかな?
グラインダ ベアリング交換 (4)
まあ㎜が分かれば大体でいいです(^_^;)


内径は6㎜。
グラインダ ベアリング交換 (5)
まあ心棒が多少テーパーになってるやろうからコレで。


厚みも6ミリです。
グラインダ ベアリング交換 (6)
まあコレも大体で・・・


近所の職人さん用のHCに尋ねると、あるとのこと。
行って買ってきました☆
グラインダ ベアリング交換 (8)
見事に6-19-6がありました☆


バーナーであぶると膨張して外れるらしいので、
ガステーブルでやってみました☆
グラインダ ベアリング交換 (7)
残念ながら外れる様子がありません・・・(>_<)


質問箱にかけてみたら、
修理屋さんはグラインダーでいけるとのこと。
グラインダ ベアリング交換 (9)
本当はベアリングプーラーってのがあるらしいです・・・


両端をグラインダーでやっちゃいました☆
グラインダ ベアリング交換 (10)
実はこれでは外れませんでした・・・
この後もっとガンガン削って、
心棒に当たるくらいまで削りました。


金槌でコンコンとやって・・・
グラインダ ベアリング交換 (11)
「取れた~!!」
案外手こずりました・・・(T_T)


はめ込みは、少しずつ周りからコンコンとはめ込んでいきます。
グラインダ ベアリング交換 (12)
ベアリングの内側の輪と同サイズのものがあれば、
それを当てて垂直に叩いていけば効率がいいかも・・・

なんしか完全に直りまして、非常にスムーズになりました☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

延長コード 修理

今は亡き植木のお師匠さんから譲り受けた
3本挿せる「延長コード」・・・
延長コード修理 (1)
元々差し込まれる所の接触が悪かったんですが、
数年前から全く通電しなくなりました(T_T)


延長できない体にしてやりました・・・
延長コード修理 (2)
要するにカットしたった~(>_<)

その後放置すること数年・・・
「直さなあかんな~」と思ってはいるものの、
今使ってるやつで十分間に合うので放ってました(^_^;)

しかーし、
今日ガステーブルを修理してる時に、
電気修理セットボックスを出してきたので、
「悲願の修理」と相成りました(^_^)v


元々付いてたゴムで絶縁してあるような差し込み口は、
HCには売ってなかったので、プラグを使います☆
延長コード修理 (3)
これは真似をしない方が良いです・・・(^^;)
危ないですから・・・


写真を撮り忘れましたが、
①まずコードの分厚い被服ゴムをカッターナイフで切れ目を入れて、
 半分に切ります。(切り取らないこと)
②中の2本のコードを取り出します。
③それぞれを差し込みの穴に通して折り返し、半田付けします。
④それぞれをビニールテープでグルグルに巻きます。(しつこい目に)
⑤2本の差し込みの間に先ほど半分にした被服ゴムを挟みます。
 (っていうか、裂いた被服ゴムの両端から線を出すわけです)
⑥挟めたら更にビニールテープでグルグルに巻きます。
延長コード修理 (4)
↑これが⑤の状態です。


完成です☆
延長コード修理 (5)
しつこいようですが、これは危ないのでしない方が良いです。
やるなら、普通の1本挿しのコンセントを買ってきて、
ネジを外して、中に線を入れて、閉じるのが一番安全です(^_^)v

お師匠さんも喜んでるやろうな☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

自転車 パンク修理

本当にどうでも良いことですが、自転車のパンク修理をしました☆
長男のりきくんが、小3になったので自転車の免許がもらえます。
※僕の校区は僕の小学時代からそういうシステムなんですよ(^_^;)

そこでずいぶん前からせがまれてたパンク修理をすることにしました☆
これは嫁さんの嫁入り道具の自転車で、10年選手です(←古っ!!)
自転車 パンク修理 (22)
手順ですが、
慣れた人ならタイヤを付けたまま修理しはりますけど、
僕は慣れてないのと、一回でちゃんと直したいので、
ひっくり返してタイヤを外して修理します☆



まずはこの前輪の六角ボルトを外します☆
(見りゃわかるっちゅーねん!!)
自転車 パンク修理 (25)
結構きつい目に閉まってるので、
なめないようにキッチリと力を入れて回します(>_<)



タイヤが抜けないように爪のついたワッシャーです☆
よう考えてはるわ~(^o^)
自転車 パンク修理 (24)
あっ!外しますよ・・・
分かるっちゅーねん(-_-)

あっ!一番大事な、
「タイヤをホイールから外す」写真を撮り忘れてました(T_T)

お詫びの印に着けるときの画像をアップします☆
自転車 パンク修理 (16)自転車 パンク修理 (17)自転車 パンク修理 (18)
これの逆をすればいいわけです(^o^)

<ホイールからタイヤを外す方法>
①虫ゴムのナットをはずして抜き取ります。
②ホイールとの間に工具を差し込みます。
 (しゃくった方が上向きです←画像と反対向き)
③差し込んだ工具を押さえると、タイヤが外れます。
④工具を刺したまま、次の工具も同じ要領でやります。
 (抜くとまたはまってしまうので・・・)
⑤すると段々外れていきます。
⑥大方外れたら、手でも外せます☆
⑦チューブも外します。
⑧完了

外れたら何か器に水を張って、チューブに少し空気を入れて、
水の中で回転させます。
すると穴の空いたところから気泡が出てきます。
自転車 パンク修理 (1)
↑チョークか何かで印を付けます。



紙ヤスリをかけてザラザラにします☆
自転車 パンク修理 (2)
ざらざらの方がくっつきやすいらしいです。
ほんまかな~??(^_^;)



ゴムのりをぬります☆
自転車 パンク修理 (3)
パッチの大きさよりも広い目に塗って下さい。
ケチると後で後悔します(>_<)



塗り広げます☆
のりが乾くまで5分くらい放置します(^_^)v
自転車 パンク修理 (4)
油汚れのついた汚い指ですが・・・
案外イケました(^o^)



のりが乾いたら、パッチを当てます☆
自転車 パンク修理 (5)
のりをケチったり、塗り広げてないと、
パッチの端が浮いてくるんで気をつけて下さい(-_-)



ゴムハンマーで圧着です☆
強い目に10回ぐらい叩くと良いらしいです(^_^)
自転車 パンク修理 (6)
ほんまかな~??



工具のへらの部分で、全体的に押さえていきます☆
自転車 パンク修理 (7)
特に隅のオレンジの所をぎゅっと押さえます(>_<)
じゃないと端からはがれてくる可能性があるので・・・



フィルムをはがします☆
自転車 パンク修理 (8)
この時はゆっくりと丁寧にはがして下さい。
あわてるとパッチも一緒について来たりします・・・



僕は隣接2カ所をやりました☆
自転車 パンク修理 (9)
パッチがかぶらないように要注意です(-_-)



リムがちぎれていたのでビニールテープでくっつけました☆
自転車 パンク修理 (10)
リムはホイールのスポークの付け根が
チューブを傷つけるのを防ぐためにあるので確実に。



さあ折り返し地点です(*^_^*)
タイヤ装着のコーナー!!いえーい☆

まずはリムをはめます☆
自転車 パンク修理 (11)
ちゃんと虫ゴムの位置に合わせて下さいね・・・
油断するとやり直しになるので(>_<)



続いてチューブのはめ込みです☆
まずは虫ゴムをホイールの穴に入れます☆
自転車 パンク修理 (12)
入れたらナットで借り止めして下さい(^^)/



チューブのはめ込みは
空気を少しだけ入れておくとやりやすいですよ☆
自転車 パンク修理 (13)
ツルッと入ります(>_<)

・・・と一度チューブを入れたのですが、
これではタイヤが入りません(T_T)

後から思い出したのですが、
タイヤの奥側を先に入れて、
その中にチューブを入れて、
最後にタイヤの手前を入れるとやり易いです☆
自転車 パンク修理 (14)
最後のタイヤを入れ終えたときは、
何か不思議な感慨がありますよ☆



タイヤのはめ込み手順ですが、
自転車 パンク修理 (19)自転車 パンク修理 (20)自転車 パンク修理 (21)
①工具をタイヤとホイールの間に差し込みます
②刺したまま上に起こします
③すると滑って入っていきます
④これも2本で交互にやっていくとやりやすいです☆



最後はご覧のように手で入っていきます☆
自転車 パンク修理 (15)
あとは本体にタイヤを取り付ければ完成です(*^_^*)

当たり前のような日記になってしまった・・・
まあYouTubeで見るのが一番早いですよ☆
「自転車パンク修理」
YouTubeに飛びまーす(^^)/

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

インパクト修理のはずが・・・

以前にオークションで落札した1円インパクトです☆
ところがある日突然動かなくなり放っていました(^_^;)
インパクト再利用 (6)
普段ドリル入れに入れているのですが、どうも邪魔なんです・・・
何かに使えんかな?と置いていました(-_-)

そこである時ググっていると、充電式インパクトを
交流100Vで使える記事を見つけました☆
そのためには安定化電源がいるらしいです。
こんなやつ↓ (DCをACに変換する機械)
    
アマゾンばっかですんませんm(_ _)m
問題なく画像が転載できるのがこれなんで・・・

前から車の修理にも使えそうなので買おうかな?と
思っていて、今回思い切って買いました☆


早速分解です☆
インパクト再利用 (5)
バッテリーから順番にテスターを当てていくと、
どうやらスイッチの中が壊れてるっぽい(^_^;)




ブラックボックスを分解してみました☆
インパクト再利用 (1)
ふたを開けると?というより、こじ開けるですね(^_^;)




この中にめっさ細かい部品が詰め込んであります(-_-)
インパクト再利用 (2)
僕の頭では理解しきれませんでした・・・

ドリルにはONとOFFスイッチと正逆回転スイッチがありますよね?
ONとOFFだけなら簡単なのですが、
正逆となると、直流ですから+と-の接点が真逆になるわけです。
これを同時にする仕組みなので、とてもじゃないですが無理です(^_^;)



この部品が、
インパクト再利用 (4)
正逆切り替えるスイッチャーの部分で、


この写真中央の半丸に乗っかって左右に動くと
正逆が切り替わるわけです・・・
インパクト再利用 (3)
さらにスイッチ内部にテスターを当てていくと・・・
どうやら基盤部分が原因のようです(>_<)

これでは全く手も足も出ません・・・
折角4000円も出して安定化電源買うたのに~(T_T)


って感じで打ちひしがれてる中、
「それでも何かに流用できないものかな??」
とググっていると面白いものを見つけました☆

このアメリカおじさんに感化されて、
インパクトからディスクサンダーを作ることにしました☆


っと・・・今日は時間の関係でこれで終わりますm(_ _)m

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

落ち葉粉砕器 肥料づくり

さあ剪定時期が
  近くなってきました~☆


その前哨戦で挿し木をいじっていると、
何となく土に興味が出てきました(^o^)

知り合いのご婦人さんに色々話を聞いてると、
結構奥が深いらしいです・・・
まあ僕はあんまりお金のかからなくて、
コストパフォーマンスの良い方法を聞きました☆

その人の言うには、草や枯れ葉を土に埋めて、
自家製の乳酸菌肥料を作ってやれば、
微生物が勝手に分解してくれて良い土になるとのこと・・・

そこで僕は以前から考えてた、剪定後の刈った葉を、
細かくする機械は作れないものかと考えてまして、
去年試作品を作ったのですが話にもなりませんでした(T_T)


分かりにくいかもしれませんがこんな感じです☆
ガーデンシュレッダーと言うらしいです。
     
まあエンジン式を作るのはちと無理ですが・・・


しかし昨日ふと思い出しました☆
うちの台所の流しの下に、生ゴミを砕く機械がついていて、
それが壊れたので取り外して置いてあるんです☆


これも参考までに・・・
キッチンシュレッダー(生ゴミ処理機)です☆
     
こんなに高価なものだとは思いませんでした(-_-)
まあうちのは古くて骨董品ですけど・・・



だいぶ修理のコツが身についてきたので、
もしかして「直せんちゃうかな??」と思い
倉庫から引っ張り出してきました(^_^)
粉砕器修理 (2)
※これは修理後の画像です。
(ふたはそこら辺に転がってるもんをくっつけただけ・・・)


「どこが壊れてたんかな?」と調べると、
内部の回転する刃を固定する部品がなくなっていて、
刃が外れてモーターの芯が空回りしてました(^_^;)

じゃあ固定すればええやん!って話なのですが、
芯は7㎜の六角形です・・・どうやって固定すんねん!!
と思案六法で、考えに考えた結果・・・

その芯に4㎜のタップを切ることにしました☆
そしてタップを切った所に瞬間接着剤を入れて、
M4×110㎜ネジがあったのねじ込んで余る部分をカットです。

そしてワッシャーやらパッキンやらとにかく詰め込んで、
ナット→瞬間接着剤→ダブルナット→瞬間接着剤で固定しました☆
何とか固定することができました(^_^)v

文にすれば短いですが、2時間くらいかかりました(T_T)

こうして完成したのが上の写真で、
早速子供と一緒に実際に使ってみました☆
粉砕器修理 (1)
いいじゃな~い(>_<)
なるだけ負荷をかけないようにすれば外れないっしょ☆
ということでこれで土作りに一歩近づけました(^_^)v


手頃なところでこんなのがありました☆
僕の好きなリョービ製(*^_^*)
でも僕にとってはまだまだ高いです!!

これの三割ぐらいなら何とかできるのになあ・・・

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

ウォシュレット分解

今日何となくウォシュレットを分解してみました(^_^;)

ウォシュレット分解

というのも、去年くらいからノズルの前後動作「ムーブ」
効かなくなってしまいまして、洗浄位置の前後も出来なくなってしまい、
用を足して、ウォッシングする度におしりさんのポジションを、
水の出る位置に合わせないといけないという状態です(T_T)
toire.jpg

しかもムーブが出来ないので、
ウォッシング中は自分のおしりさんを前後させるという、
個室でしか出来ない動きをすることになっているのです・・・



それと何故か分からないですが、
この↓電源ランプが高速で点滅しているのも
気になっていました(-_-)
ウォシュレット分解 (1)


それでググっていますと・・・
この方のブログにありました☆
分解の仕方も丁寧に載せてはります☆


早速やってみました☆
ウォシュレット分解 (4)
少し外す時に要領がいりますが、結構簡単です(^^)/


ボタン部分のアップです☆
ウォシュレット分解 (6)
色々いじってみようと思いましたが、
分厚い物質でコーティングされていたので諦めました(T_T)


高速点滅の解除は、このU字のジャンパー(針金)
カットするだけで良いとのことでした☆
ウォシュレット分解 (5)
再接続しても大丈夫みたいです(点滅はしなくなります。)

※10年経つとINAXのメンテナンスを受けるように
 知らせるためのタイマーのようです。
 メーカーに見てもらうのに7000円いるらしいです(^_^;)



ノズル部分のアップです☆
ウォシュレット分解 (2)
汚物が付いていて触る気になりません・・・(^_^;)

※構造を見た上で「ムーブ」が作動しないのは、
 汚れの固着や電気の不導通とかではなくて、
 おそらくノズルを動作させるモーターの劣化だと思います。
 部品交換か現状維持かは家主の父親の判断にゆだねます。



ついでに見つけたのが、脱臭カートリッジのほこりです。
10年以上も触ったことがないので埃まみれでした・・・
ウォシュレット分解 (3)
交換する気はないので、とりあえず埃だけ取っておきました☆



今回は終わってみれば、
ただ開けてみただけみたいな感じです(>_<)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

草刈り(刈り払い機)機修理

最近、僕のブログをご覧頂いてる方から、
ちょくちょくコメントを頂くのが嬉しいです☆

今日(2012/12/30)にコメントを頂いたのですが、
僕のことを修理の腕があるようでと褒めていただきまして、
少し舞い上がり気味になっております(^_^)v

まぁそれはさておき、そのコメントの中で質問を頂きまして、
お役に立てるかどうか分かりませんが、解説させてもらいます☆

質問:『草刈り機について』
「全くの素人が修理を始めようとするときに
 何から手をつければよいでしょうか。
 一言アドバイスいただけないでしょうか??」

 
ということでした。

まず第一に僕がド素人です・・・(^_^;)
ということをお断りいたしました。



まずは草刈り機の仕組みから理解をした方がいいです。
僕自身分かってませんが・・・(T_T)

①燃料タンクからホースを通ってキャブに燃料が入ります。
②キャブで燃料と空気の割合を決めます。
③そこで混合された空気&燃料がピストンシリンダーに入ってきます。
④ピストンシリンダーの所にプラグが付いてます。
⑤点火コイルとフライホイルとの間で電気を発生し、プラグに送ります。
⑥そのプラグがスパークして燃料が爆発します。
⑦ピストンが動いて、刃が回転します。

ド素人の見解なので、訂正頂ければ変更します(笑)


僕的修理のポイントは、
①まずはプラグの差し込み口から燃料を数滴入れて、
 スタータロープを引いてみる。
 →これによって電機系か燃料系かを判断します。
  
②ウンともスンとも言わないようなら、プラグを新しくする。
 →それで1回でもブルンとくれば、電気系統は大丈夫とします。

  と言うことは、燃料がちゃんと送られてきてないか、
  空気と燃料の比率が悪いということにします。
 →キャブ調整かキャブ清掃か燃料ホースの修繕・交換。

③それでもウンともスンとも言わないようなら、電気系統。
 →電気系統なら分解して、フライホイールを磨く。
  フライホイールの錆とかゴミの除去。
  点火コイルとフライホイールの間は名刺1枚分らしいです。

④それでもダメならあきらめます。
 →後日ネットで調べ倒して一から作ることに挑戦します☆



後日画像を追加します(^_^;)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

新ダイワ 刈り払い機修理

修理にはまりまして、今度は僕の今は亡き植木のお師匠さんから頂いた、
新ダイワの刈り払い機(草刈り機)を修理してみようと思います☆

草刈り機修理

というのもしばらく放置してありまして、しかもプラグを抜いた状態で、
ピストンシリンダーが解放されていました(T_T)
中に埃やら何やら入ってるようで、「これは無理やろう・・・」と、
思っていたのですが、試しにその穴から燃料を数滴垂らし、
スタータを引いてみると・・・
ブルルン!!
かかるじゃないですか☆

ということで、早速修理にかかる次第になったわけです☆



古い感じがするでしょ??
草刈り機修理 (1)
しかも埃まみれですから・・・



これがキャブ周辺・・・
草刈り機修理 (2)
油と埃でコテコテです(^_^;)


キャブを下から見た図です。
草刈り機修理 (3)
こぼれた油にゴミが混ざってグダグダです・・・



歯ブラシと灯油でコツコツと磨きます☆
草刈り機修理 (4)
灯油はよく汚れが落ちます☆
(コレが良い方法かどうかは分かりませんが・・・)
綺麗になるから良いと決めつけて☆



取り外した燃料タンクです。
草刈り機修理 (5)
まぁよくこれだけ汚れたもんだ・・・(^_^;)



これも灯油&歯ブラシでここまで綺麗になりました☆
草刈り機修理 (6)
燃料フィルターも灯油漬け&エアブローしました☆
夜8時スタートの作業でしたが、幸い昼の間にコンプレッサーを
充填していたので出来ました(^_^)v



プラグキャップを外しました☆
草刈り機修理 (7)
これを見て「???」と思った片は修理慣れしてはりますね☆
と言うのも本当はプラグキャップを外すと、
中のプラグを差し込むコイル状のスプリングも付いてくるはずなんです。
ところが、それはまだプラグキャップのゴムの中・・・
ガーン・・・



仕方がないので、スプリングの見えるところまで半分にカットして、
再び差し込み、針金で止めました☆
草刈り機修理 (8)
大丈夫なんかな??



元に戻して、一応完成です☆
草刈り機修理 (9)
写真は撮ってませんが、この他にキャブ洗浄、フライホイールのサビ落とし、
キャブ調整、ボディーカバーの塗装などをしました☆



さぁエンジン始動!!とスタータを引きましたがかかりません・・・
よく見ると、アクセルの線が被服剥けしていて、そことボディーの間で、
そこでスパークしてるじゃないですか!!
草刈り機修理 (10)
プラグギャップ(プラグの芯とL字に曲がった部分の間)よりも、
アクセルの線とボディーの間の方が狭くて先にスパークしているようです・・・

今日の作業はこれで終わりにしました・・・
むむむ・・・です(^_^;)

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

チェーンオイル出ず(T_T)

今回買ったリョービのチェーンソーですが、
オークションのコメント欄に
「チェーンオイル出ません。」と書いてあったのですが、
「キャブがいじれたらオイルくらい」と思い落札☆

修理も順調に出来てエンジン始動も出来ました☆
「よっしゃ☆」と気楽に考えて、「さぁ、オイルはどうかな?」
と思い、観察してみると
「やっぱ出ーへんやん!!」
ということになりまして、早速修理開始☆

オイルの注入口は燃料ホースの取り替えの時に確認して、
簡単な仕組みなのでオッケーです☆
ということは、オイル調節のダイヤルを外してみますと、
ただ単に穴が空いてるだけでした・・・

「これはもしかして案外複雑な仕組み何じゃない??」
と思ったので、早速ググりました☆
すると案の定複雑でした。

日々是ポンコツさんのブログをたまたま見たのですが、
こんな部品がクラッチの裏側にあるらしいです(^_^;)
1325094878.jpg
正式には??「オイルポンプ」というみたいで4500円位します。
本体が4200円なのに出すわけがありません・・・


こんな感じで付いてるらしいです(^_^;)
1325094336.jpg
クラッチ外せる自信がねーよ・・・(T_T)



仕組みは、この「ウォームギア」という物と、何かが連動していて、
ポンプを動かすとのことです・・・
1325095125.jpg
しかも、他のブログを見ていると、
廉価版のチェーンソーはこれがプラスチックの製の物もある??
そんなもん金属にしとけよーって感じですが、そこからよく考えると、
「もしかして単純にギアの間に何か挟まってることもありうる??」
と思いました・・・(かすかな可能性にかけて・・・)


そこでまたググっていると、
チェンソープロショップ流庵さん
のブログを見まして、
とりあえずブレードとの接点の穴と、注入口とダイヤルの穴を
エアブローしまくりました☆

すると何とありがたや~☆開通です☆
まぁもう少し冷静になったらもう一回確認しようと思います☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

チェーンソー 修理

早速オークションで買ったリョービのチェーンソーの修理にかかりました☆

まずは汚いので外観の清掃をするために分解です(^^)/
リョービチェーンソー (1)



スプロケットカバーを取りまして・・・
リョービチェーンソー (8)
マフラーの中が結構汚れていました・・・
きっとあんまり良い燃料を使ってないのでしょう・・・
焼き付きがなかったらいいのですが(^_^;)


スタータリコイル(ひも)側を外しました☆
リョービチェーンソー (9)
フライホイールの磁石は錆びてますし、
CDIユニット(点火コイル)やらが切り屑まみれです・・・



まずは温かいお湯に浸しました☆
(やってみて分かったのですが、実はあんまり落ちないのです・・・)
リョービチェーンソー (70)
夜にやったので、コンプレッサーやらはやかましくて使えないので、
仕方なくこの方法にしましたが、時間ばかりかかってあんまりです・・・



キャブレターのスペースです☆
リョービチェーンソー (2)
エアクリーナーが付いてるのにこんなに切り屑まみれです(^_^;)
もしかキャブ洗浄だけでかかるようになるんじゃねー??



これでも一応清掃しました☆
リョービチェーンソー (14)
とにかく汚かったんですよー!!!
キャブクリーナーを持ってないので、
エアーで吹き飛ばせず、これで精一杯でした(>_<)



清掃前のキャブです☆
リョービチェーンソー (5)
こんなに汚れたキャブだと、エンジン焼き付いてんちゃうかな?と心配です。


清掃後のキャブです☆
リョービチェーンソー (6)
さっきも言いましたがキャブクリーナーは持ってないので、
パーツクリーナーを穴という穴に吹きまくって、エアーで飛ばしました。
(ちなみにこれは次の日の明るい時間帯にしています☆)
ダイアフラム(黒いゴム)が外れないようにするのに気を遣いました・・・

こうして一通り清掃して組み直し、「よし!!エンジン始動や!!」と
勢い込んでスタータを引っ張りましたがウンともスンとも言いません(^_^;)
「やられたわー、やっぱオークションやなぁ!!」と思いました。

でも分解した時点で、
①キャブ調整はひとまず標準にした。
②キャブから燃料をちょこっと入れてスタータを引くとかかる。
③エンジンが焼き付いてるわけでもない。

ということは確認したので、
①②から電気系統は大丈夫
③からエンジンも問題ない
ということになると思ったので、

じゃあ燃料がシリンダーまでちゃんと送られて来てないということになるので、
あとは、エアフィルターの洗浄と燃料ホースの確認という結論に至りました。


そこで燃料ホースを見てみると・・・
リョービチェーンソー (13)
あちゃー・・・こりゃあかんわ(^_^;)
フライホイールの裏側を通っていたのですが、
おそらくフライホイールと干渉したのだと思います(^_^;)
一番えぐれているところに小さな穴が空いています・・・



そこでホースの交換となるのですが、手持ちにホースはありません。
しかーし記憶をたどっていくと、ウチの風呂のボイラーとタンクを
つなぐホースがあった気が・・・
リョービチェーンソー (12)
探してみるとありました☆
ただこれでもいけるのかな??ピンクやし・・・柔らかいし・・・



幸いサイズが同じでm、他に方法がないのでこれで行くことにしました☆
フライホイールを外すのが少し自信がなかったので、
気合いと根気と意地で裏側を通しました☆
リョービチェーンソー (11)
ほんまに狭いんですよ・・・ココ通すの(>_<)
ネジやら何やら色んなものを使って、やっとの思いで通りました☆


そして後顧の憂い無くスタータを引っ張ると・・・
あれれれ・・・???
かからない(T_T)


しかし諦めきれず何度か引いてると・・・
ぶるるるーん!!!
「よっしゃー!!!かかった!!!!」
リョービチェーンソー (10)
いやいや時間はかかりましたが、1度かかってしまえばこっちのもの☆
再びキャブ調整をして、非常に快調にエンジンがかかるようになりました☆


いやー修理の醍醐味ですね☆

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。