FC2ブログ
      

自作 献饌台 組み立て

蟻溝を切るか、溝を切るか、ボンド付けするか悩みましたが、
使用頻度、耐久性、手間を考えるとボンド付けでいけそうなので、
ボンドの圧着作業をしました☆

足の位置なんですが、知り合いの木工家の方に聞くと、
天板を3等分した、左右の真ん中に脚の芯を通すとバランスが良いとの事☆
3 八足 組み立て (1)
天板幅が852㎜なので3等分すれば284㎜。
284㎜の芯は142㎜なので、そこを芯に左右15㎜に墨を引きました☆
あっ!脚受けの幅が30㎜なので、足受け位置を見やすくするためです☆


脚をボンドで付ける時は、
まず墨線の間にボンドを波塗りして、それを木片で広げます☆
そして天板に脚を乗せて、墨線からボンドがはみ出ないように、
木と木をスライドさせます☆
すると段々真空になっていって動かなくなるので、
ある程度動きが鈍くなってから、クランプで締め付けます(>_<)
3 八足 組み立て (2)
波塗りのまま、クランプで圧着しようとすると、
ヌルッと逃げてやりにくくなりますから、お気を付けて!!
(多少はみ出るくらいの方がガッチリくっつきます☆)


これでとりあえず、4台の内2台が仮完成状態になりました(^_^)v
3 八足 組み立て (3)
しかしながらこの献饌台、よく見ると粗だらけなのです(T_T)


びんぼー木工だから仕方がないのですが、
それでもやっぱり残念なんだな!!
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する