みどり詰み&中芽 私考

松の剪定で効果絶大のみどり詰みですが、
今回は少し具体的に紹介しようと思います☆

まず、これが去年みどり詰みをした松の枝の1つです☆
みどり詰み 例題 (1)
これだけ今年の新芽が出ています☆


松の1つの葉から出ている新芽を全て取ります(^_^)v
時期が早ければ指でつまんでポキポキと折り取ります☆
みどり詰み 例題 (2)
僕は少し固くなるこの5月頃にするようにしてます(^o^)
少し固いので、ハサミでチョンチョンと行きます☆

僕のみどり詰みをする目的は、
枝の間延びを抑えて、芽数を増やすことにあるので、
あまり早い時期だと、直ぐに新芽を吹き直して、
普通に伸びていってしまうので、
新芽を吹くギリギリの時期にするようにしてます☆
(もしかしたら7月とかでも吹くかも知れないけど・・・)


みどりを詰んだらこんな感じになります↓
みどり詰み 例題 (3)
この切り口から新芽が出ますよ~(^^)/


複数の芽が出てたら、その根元にハサミを入れます☆
みどり詰み 例題 (4)


こんな感じで↓
みどり詰み 例題 (5)


そうすると、切り口が1つになります☆
みどり詰み 例題 (6)
中途半端なところで詰んでしまうと、
変な芽の出方をして、後々ややこしいです(^^;)


元気の良い枝のみどりを詰むと、
こんな事になる場合もあります(>_<)
(気持ち悪いでしょ??)
みどり詰み 例題 (9)
1つの葉から芽が4つも5つも出ることがあります・・・
病気の場合もありますが、大抵は栄養の行き場が無くて、
必要以上に芽を出すのがほとんどだと思います(-_-)


こういう時は、二股の芽を選んで残して、
その他の芽を全て取ってしまいます☆
みどり詰み 例題 (10)
そうすれば、残した芽が伸びて、来年そこから新芽を吹きます☆

みどり詰みはこの作業を延々繰り返していき、
全ての芽を取りきって完了になります(^_^)v


では、前にみどり詰みをした枝を見てみます☆
みどり詰み 例題 (11)
ちょっとピンぼけして見にくいですが、
新芽が3つ出てきています(^o^)


さらにみどり詰み以外の御法度技の中芽です(-_-)
みどり詰み 例題 (13)
元気の良すぎる枝を、葉を2,3周残して切り詰めます☆


新芽が出る時期ならば、この中芽からも新芽が出ます☆
みどり詰み 例題 (12)
新芽が出る位置が必ず変な所から出てくるのが残念ですが・・・

でもこの2つの手段によって、
松の切り戻しが多少出来る用になり、
樹形を取り戻せる日が来ると思いますよ~(^_^)v

まっ!口で言いうより、
絶対100%やってみた方が良いですよ~!!

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してみました(^_^)v

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

ポチっとしてもお金はかかりませんよ(笑)

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する